2018年1月17日水曜日

59.FF14のゴールドソーサーはマンダヴィル

今回は「FF14のゴールドソーサーはマンダヴィル」です。

ゴールドソーサーと言えばFF7にあった娯楽施設。

FF14のゴールドソーサーも同じく娯楽施設となっています。

まずはFF14のゴールドソーサーの成り立ちから。

ゴールドソーサーはウルダハという国にあるのですが、ウルダハは以前から難民という問題を抱えています。(街中にもそういうエリアがあるし、街を一歩出れば難民のテントがある)

しかも単純に難民がいて大変みたいな描写ではなく、けっこうリアルに描いています。

この辺りは現実世界でも同じですが、難民の仕事をどうするかという話なんですよね。

難民に仕事を与えれば、それだけ元々の国民の仕事が奪われてしまうことになる。

かといって難民の食い扶持がなければ、暴徒化・治安の悪化が起きてしまう。

難民が何らかの方法でお金を稼げればいいのですが、仕事がいくらでもあるというわけでもないですし、難民ができる仕事も限られている。

じゃあ、難民に対して支援を行うにしてもそんなお金がどこにあるのか、難民に与えるくらいなら先に国民に与えるべきではないのか、そういったことにもなってしまいます。

もちろん放置しておけば、さらに大きな問題にもなりかねない。

そうした難民問題を抱えているのがウルダハという街なんですよね。

これに対して1つの解説策を作り出したのがゴッドベルト・マンダヴィルという紳士だったのです。

彼は最強の紳士でもあり、最強の彫金師でもあります。

そんな彼が立ち上げた宝飾品店で稼いだ資金を元に開いた施設がマンダヴィル・ゴールドソーサーだったのです。

この施設の従業員として難民を採用することで、娯楽施設として遊びを提供するだけでなく、難民の雇用を作り出したわけなのですね。

だからFF14のゴールドソーサーはマンダヴィルという名前が付いているのです。

マンダヴィル・ゴールドソーサー
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/contentsguide/goldsaucer/

それでは施設内の紹介です。

施設で遊ぶことでマンダヴィル・ゴールドソーサーポイント(MGP)をためることができ、MGPを様々なアイテムに交換することができます。

装備・ミニオン・マウント・オーケストリオン譜、アイテムはいろいろですね。

ちなみに強さに関わるものは一切ないので、ムリにやり込む必要はありません。

ではMGPはどういうもので稼げるのか。

ゴールドソーサー内にはたくさんの施設があるので、そこで遊ぶことでMGPを稼ぐことができます。

くじテンダー、ミニ・くじテンダー


例えば、くじテンダーというものがあります。

これはリアル1週間に1度だけ、くじの抽選があり、4つの数字が全て一致するとなんと100万以上のMGPを手にすることができます。


他にも1日に3回まで引くことができるミニ・くじテンダーといったものもあります。

G.A.T.E.

リアル時間の15分と45分に開催されるイベントです。



こういった特殊なステージで様々なイベントが行われ、イベントをクリアするとMGPがもらえます。

特に、先生の攻撃を4回避けるGATEは一番人気ですね。

チョコボレース


自身が育てたチョコボでレースを行うことができます。

血統や調教など、なかなかやりごたえのあるゲームとなっています。

ミニゲーム



ちょっとしたヒマつぶしにちょっとだけMGPを稼げます。

他にもトリプルトライアドやロード・オブ・ヴァーミニオンなどいろいろなゲームがあります。(これらは各記事を作る予定です)


そして、集めたMGPで様々な景品をゲットしましょう!


セニョール・サボテンダーも待ってるよ!(中身はララフェル)


2018年1月15日月曜日

58.FF14のクラフター:調理師

今回は「FF14のクラフター:調理師」です。

全ての調理品を担当しています。

料理その1

料理その2

調度品タイプの料理

57.FF14の調理品はけっこうリアル
https://ff14kouiu.blogspot.com/2018/01/blog-post_49.html

前回の記事でも紹介しましたが、調理品というアイテム全てを作り出すのが調理師です。

そのため、8クラスあるクラフターの中でもかなり独立した存在となります。

他のクラスが作った素材を使用して調理品を作ることはほぼないですし、逆も同じです。

そのせいかなかなか扱いの難しいクラスでもあります。

調理師のレベルを上げなくても困ることはないですし、そう言いつつ上げないと困る存在でもあります。

それだけ調理品のステータスアップ効果が大きいんですよねー。

特にレイドに行くプレイヤーは調理品をたくさん使用するので、なかなか自作できないと費用がかさんでけっこう大変。

まあ、クラフターも当たり前のように調理品を使うので、どちらにせよレベルを上げておいた方がいいクラスとなっています。

では調理師はどういった料理を作れるかなのですが、料理ならなんでもです。

和食に洋食、肉料理に魚料理、サラダにスープ、ケーキにクッキーなどなど。

実際に存在する料理からエオルゼア独自の料理もあって、なかなか名前を見るだけでも楽しいです。

また、アイテムとして持ち運ぶ調理品以外にハウジングに実際に設置できる料理(パーティ料理のようなもの)も作れます。

テーブルの上に調理品を置いたりして、これもハウジングの演出の1つになるわけですね。

しかも食べられます。

しかも何回か食べることができて、食べきると空皿が残るという仕様!

もちろんステータスアップ効果もあるので、それ狙いで設置してもいいですし、いろいろと使い道があります。

ちなみに調理品は戦闘用、ギャザラー用、クラフター用と3種類あるのですが、どういう系統がどうとかは決まっていない気がします。

肉料理だから戦闘用だとかそういうのではなく、この料理は戦闘用、この料理はクラフター用と独自で決まっているような感じです。

例えばクラフターで見てみると、

フィッシュスープ
ヘヴンスエッグスープ
豆腐の味噌汁
天ぷら盛り合わせ
ゼラスープ
キジハタの清蒸

あれ、並べてみると液体系が多いな・・・。

それと海鮮系?

もしかしたら法則があるかもしれないけど、まあいいや。

また、調理師は漁師が使う魚のエサも作ることができます。

ただ最近はエサのレシピがなくてこちらの出番は減っています。

それでは最後にアディショナルアクションを。

調理師だと「ヘイスティタッチ」と言いたいですが、ここは「リクレイム」で。

レクイエムじゃないです、リクレイムです。

以前の記事でクラフターは製作に失敗すると材料が消滅すると説明しましたが、実は低確率でアイテムが戻ってくることがあります。

「リクレイム」はその確率をなんと90%まで上昇させることができるので、失敗しても安心できるスキルとなっています。

ただ、CPの消費量が激しく、「リクレイム」を使うくらいだったら他のスキルを使って品質を上げた方がいいので、博打的なスキルを多用した時に活躍するようなスキルですね。(成功率50%だが大幅に工数を進めるといった博打系スキルが存在するため)

他にも「確信」といった便利なスキルを覚えるので、独立した存在でありながら、実は一番大事かもしれないクラスなのが調理師となっています。


2018年1月13日土曜日

57.FF14の調理品はけっこうリアル

今回は「FF14の調理品はけっこうリアル」です。

というわけで・・・あなたのお腹にダイレクトヒットの時間です。

天ぷら盛り合わせ

ヘヴンスエッグスープ

オニオングラタンスープ

クァールのワインソテー

ラノシアトースト

美味しそうですねえー。

FF14の調理品はこんなにもリアルなのです。

ところでなんで調理品を紹介しているかというと、次の記事が調理師であることと、このような調理品はFF14というゲームでかなり大事なアイテムなので、紹介する価値があるからなのです。

まず、FF14にはこういう調理品がたくさんあり、アイテムとして持ち運ぶことができます。(腐らないので大丈夫)

アイテムなので使用することができ(実際に食べるモーションもある)、使用するとステータスアップの効果を受けることができます。

例えば、柿の葉寿司HQを食べると、

クリティカル +5% (上限82)
VIT +5% (上限77)
ダイレクトヒット +2% (上限32)

こんなにもステータスが上がります。

調理品によってステータスを大幅に上げることができるので、コンテンツに参加する前や参加中に使用してステータスを上げてクリアしやすくするわけですね。

普通のコンテンツなら使わなくても平気なのですが(もちろん使った方がいい。ただし、効果がないコンテンツもある)、レイドなどの高難易度コンテンツなら必ず使うといった感じです。

こういったものはレイド飯とも呼ばれ、稼ぐ手段の1つになったりしますね。

ちなみに効果は永続ではなく、リアル時間で30分の効果なので、けっこう数が必要だったりします。

また、調理品は戦闘用だけでなくギャザクラ用もあります。

・天ぷら盛り合わせHQ

CP +15% (上限54)
作業精度 +5% (上限53)

こんなふうにギャザクラ特有のステータスを上げることができます。

仕組みやら使うタイミングやらは、ギャザクラも戦闘と同じですね。

普段は使わなくても大丈夫ですが、高難易度のアイテムに関わる時は必ず使います。

クラフターなら調理品を使わないとHQ品を作るのが難しいので、調理品は戦闘だけでなくギャザクラにおいても大事です。

難しいコンテンツやレシピに関わる時は必ず使うのが調理品となっています。

56.FF14のクラフター:錬金術師

今回は「FF14のクラフター:錬金術師」です。

薬品やその他もろもろを担当しています。

錬金溶剤にオーケストリオン譜

魔導書(学者や召喚の武器)

ちょっと変わった庭具など

錬金術師と言えば金ですが、実際は(酒場に行って依頼を受けて必要なアイテムを作るために外にアイテムを採集しては帰ってきて調合して期日までに依頼品を納品してお金を稼ぐ)某ゲームの錬金術師のようにFF14の錬金術師は様々なアイテムを作ります。

ポーションやエーテルなどの薬品。

魔導書を作るための特殊なインク。

武器などの材料になる錬金溶剤。

装備品の繋ぎの部分に使うにかわ。

一時的にステータスを上げる特殊な薬品。

オーケストリオンで聴くために使うオーケストリオン譜。

こんなふうに他のクラスではちょっと作れないような特殊なアイテムを担当するのが錬金術師となっています。

いわゆるその他すべてと言われるようなものを担当しますが、錬金術師が作る溶剤や繋ぎがないと装備品が作れないので、けっこう重要な存在です。

ちなみに肝心の金の製作は・・・まだできないようです。(もう金鉱とかゴールドインゴットとかあるけどね)

それから、調度品に注目すると、ちょっと変わった庭具などを作れます。

何というか、魔力が込められた調度品というか、まあそんな感じです。

そんな中で気になるアイテムがエーテリアルホイールです。

これも説明しないと伝わらないことがたくさん・・・!

FCの記事もいずれは書きたいなあというところで、簡単に言うとエーテリアルホイールは24時間ちょっとしたステータス強化やテレポ割引などの効果を起こせるアイテムの原料になるといった感じです。

FCを運営するようになれば、ありがたいアイテムだということに気づくので、まあ後々。

さて、錬金術師のアディショナルアクションに注目すると、やはり「コンファートゾーン」になります。

これはなんとCPが80も回復するスキルなのです・・・!

え、じゃあこのスキルを使っていれば無限に製作することができる・・・?

もちろんそんな甘い話はなくて、正確には1ターンにCPが8回復し、それが10ターン効果が続くとなっています。

それならターンさえ消費させればいいような気がしますが、このゲームのクラフターは・・・なぜか「何もしない」という行動ができません。(一応そういうスキルもなくはないけど、CPが減ってしまう。なぜじっとしているだけなのにCPが減るのだろう・・・)

ターンを消費させるためには必ず何か行動を起こす必要があるので、10ターンあれば耐久が減ったりCPが減ったりするので、これだけCPが回復したとしても無限に製作できるなんてことはないのです。

しかもこのスキルを使用するにはCPを66も使うので、実質的な回復量はたったの14なのです・・・。

これだけしか回復しないのに敢えてこのスキルを選んだのは、それだけCPが重要だということだからですね。

クラフターの製作なんて常にカツカツなので、ほんの少しでもCPを回復するのは大事なのです。

そのため、「コンファートゾーン」を必ず使うことでCPを底上げして製作する必要があります。

製作できるものも含めて、他のクラスのために錬金術師が存在していると言ってもいい、そんな存在です。

2018年1月11日木曜日

55.FF14のギャザラーはクラフターよりやや簡単(応用編)

今回は「FF14のギャザラーはクラフターよりやや簡単(応用編)」です。

53.FF14のギャザラーはクラフターより簡単(基本編)
https://ff14kouiu.blogspot.com/2018/01/blog-post_7.html

前回の記事でギャザラーの採集の仕方(採掘師と園芸師だけだけど)を紹介しました。

今回はその応用編です。


さて、この前も見た採集画面ですが、何かがおかしい・・・。


前回のがこれ。

んー?

アイテムのイラストが「?」マークになっているだと・・・!?

実はこれ、未知の採集場所の画面なのです。

未知の採集場所というのは通常の採集場所とはひと味違う存在で、時間指定があります。

まず、FF14には時間の概念があって、ET(エオルゼア時間)というものが動いています。

ET22時なら外は真っ暗ですし、ET6時頃には朝日が上がります。(ちなみにリアル時間で換算すると、リアル時間の70分がエオルゼア時間の24時間分)

基本はそういった昼夜の変化なのですが、このETが特定の時間でないと出現しないのが未知の採集場所!

例えば、金鉱はET9時~12時までしか採れませんし(採らなかったら場所は消滅。採っても消滅)、生マユならET1時~4時の間までしか採れません。

要するに、未知の採集場所で採集をしたいならその時間にその場所へ行って採集の準備をしなくてはならないのです。

なんでこんな面倒な仕様になっているのか・・・。

おそらくアイテムの価値を上げるということなんだろうけど、まあおかげで儲かるので別に問題ないです。

そしてもう1つのポイントが先ほど見せた画像の「?」マーク。

通常の採集場所は8個の欄に何らかのアイテムが出現しているので、どこを掘ればいいのか分かります。

しかし、未知の採集場所は毎回全ての欄が「?」マーク。

1/8の確率で当たりを当てるしかない・・・というわけではなく、どの欄にアイテムがあるかは固定されています。

要するに、暗記です。

金鉱なら6段目、生マユなら4段目と決まっているので、あらかじめ何段目かをメモしておいて採集するわけですね。(ギャザラー強者ならほとんどの未知の採集場所の時間と何段目かを記憶しています)

まあ、ネットで検索すれば全部載っているので、ちょっと気を付ければ問題ないくらいの存在となっています。